スカイマークはなぜ航空券が安いの?

スカイマークという航空会社はまだ新しい航空会社なので聞いたことがない人ももしかするとまだ居るかもしれません。スカイマークは日本の航空会社です。東京ー九州間、東京―神戸間などへ移動をする人走っているかもしれませんね。

スカイマークはLCC

スカイマークの乗客

スカイマーク、この会社はLCCの一つです。大手の航空会社で日本の会社といえばANA、JALなどが一般的ですが、なぜここまでスカイマークは値段が安いのでしょうか。LCCですからローコストキャリアなので、普通の航空会社と比べると低価格で飛行機に乗ることができることがまず違いと言えるかもしれません。スカイマークはLCCですから根本が安いのです。例えばですが、東京大阪間の場合は例えばですが、一番高い時期で14000円ですから、新幹線と比べると同じくらいの値段で飛行機に乗れてしまうことになります。もちろんこれが一番高い値段設定の時期ですので、さらに安い日を狙えばどんどん値段は下がっていくということになります。ANAはスカイマークと同日便でチェックしてみると同じ時間帯でも2万8000円の価格が設定されているので、値段は倍違います。LCCなのでもちろん狭かったりサービスが簡素化されているということはあるかもしれませんが、それでも半額で乗れてしまうことになります。

LCCは普通の会社と違う

スカイマークの点検

LCCを利用したことがない人は一般の航空会社とは内容が若干違っているので注意が必要です。例えば荷物の重量制限がとても厳しく、追加料金がかかることもあります。大半の人が、一般では無料で手荷物を預かってもらえるところを追加料金を支払って、LCCでは荷物を積んでいることになるのです。また、スカイマークは大阪の伊丹空港や関西国際空港には離発着していません。そのために関西地方へ東京から以降と思ったら、一番近い空港は最寄りが神戸空港になりますので、その分関西の何処へ行くのかはわかりませんが、交通費が移動手段として必要になってくる点でも違いがあります。

機内サービスの違い

出発前のスカイマーク
LCCを利用したことがある人なら知っていると思いますが、スカイマークをはじめとするLCCはサービスは全て有料となります。飲み物も水も配られませんのでミネラルウォーターを購入することになるのです。手荷物チェックの前に購入して持ち込もうとすると没収されてしまうので処分している人も、LCCは特に手荷物前に購入しても没収されることはないので持って行ってもいいでしょう。しかし一般の航空会社の場合はアルコール以外は無料で提供してくれます。機内食は一般の航空会社の場合には提供される便もあるのですが、LCCは基本的には近距離であっても、遠い距離であっても、提供されません。もし機内食が食べたいのであれば、事前に注文をオンライン上でしておくか、その場で機内の中で注文をすることになります。新幹線の車内販売のように、機内食やカップラーメンなどは販売してもらえますので、小腹がすいてしまうという人は購入してもいいですし、持ち込みをしてもいいでしょう。Wi-Fiについては、LCCによっても違いがありますが、スカイマークは提供が始まっていますが一部です。羽田福岡線、羽田札幌線は提供されています。この点ではANAやJALではまだ導入されていない種類もありますので、お得かもしれませんね。ブランケットについては、一般的には提供してもらえるのが普通ですが、これは一般の航空会社についてです。スカイマークの場合には、提供してもらえず、購入する形となりますので注意しましょう。

空旅.com

スカイマーク航空券を最安値で検索
■https://www.soratabi.com/sky/