スカイマークはなぜ航空券が安いの?

なぜ格安航空券販売ができるのか?スカイマークの価格の秘密に迫ります。 - スカイマークの料金形態について

アーカイブ

カテゴリー

スカイマークの料金形態について

スカイマークの航空券は普通料金などはどうなっているのでしょうか。料金体系について知っておくことは、お得に購入する際にとても役に立つことにつながると思いますので、ここでは料金体系について詳しく見ていきたいと思います。

普通料金について

スカイマークの普通料金、それはほかの航空会社と比べると4割程度おトクになっています。小児の普通運賃ですが、3歳以上12歳までが利用可能です。

前割り料金

スカイマークには前割り料金があります。これは前割り7と前割り3、前割り1という種類があります。これは登場日の7日前、3日前、1日前までの購入が条件なのですが、条件付きでの変更も可能ですからおトクに購入することができるでしょう。登場日出発空港で希望の便が空いていれば差額で変更してもらえるメリットもあります。

いま得

いま得、これは搭乗する3日前まで予約できる航空券です。名古屋札幌間、名古屋沖縄間、神戸札幌間、神戸沖縄間については、路線は前日まで予約することができます。

スカイバーゲンについて

スカイマークにはスカイバーゲンというチケットの種類があります。スカイバーゲン60、45,28という種類があるのですが、60日前、45日前、28日前、21日前までの予約ができるチケットです。このチケットはとてもリーズナブルな価格ですので、発売と同時にほぼすぐに完売されてしまうほどですので、メールマガジンの購読をするなどして早めに情報を入手しておかないと発売されてすぐになくなるので注意です。同様にスカイセールという対象路線の一部のセールもあります。こちらもかなりおトクなチケットで、発売と同時に満席になることもよくありますので早めに最新情報を入手しておいたほうがいいでしょう。

関連する記事

まだ登録されていません。

早めにサイドバーの登録をお願いします。