スカイマークはなぜ航空券が安いの?

なぜ格安航空券販売ができるのか?スカイマークの価格の秘密に迫ります。 - スカイマークの持ち込みのルールについて

アーカイブ

カテゴリー

スカイマークの持ち込みのルールについて

スカイマークでは手荷物の重量はどれくらいなのか、それは別のところで紹介しましたが、何を持ち込んでも良いのか、それについてここでは見ていきたいと思います。パソコンはいいのか、瓶や液体はどうなのか気になりますよね。

ルールで禁止されているもの

これはスカイマークに限った事ではないものも含まれますが刃物などは一切持ち込み禁止です。預入荷物の中になら入れても良いのですが、手荷物の中には刃物は入れてはいけません。アイススケートの靴なども刃がついていることになるので、預入荷物の中に入れることが決められています。

気になる電子機器は?

では気になるのが電子機器ですよね。今やパソコンもスマホも手放せない時代となりましたが、それらを持ち込むことはできるのでしょうか。基本としては持ち込みは可能です。しかし使用することについては禁止される時間帯がありますので、機内放送やCAさんの案内に従いましょう。スカイマークは国内線だけなので、液体についてはそれほど厳しくありません。

液体の持ち込みについて

ペットボトルの500mlの場合には特に持ち込みは禁止されていません。化粧水なども海外へ行くわけではありませんので持ち込みは可能となっています。海外へ行く時は預入手荷物に入れなければ行けませんが、スカイマークの場合は国内線ですので、それほど気にすることなく運搬しても良いということになりますね。ちなみに手荷物が無料で預入られる個数は一人3個までで、合計で15キロです。サイズは1個につき50センチ×60センチ×120センチと決められています。ちなみにオーバーした場合ですが、1個オーバーで500円、2個で1000円です。重量オーバーですが、20キロまでなら500円、30キロまでなら2000円の追加料金となっており、45キロ以上は受け取り不可となっているので気をつけましょう。

関連する記事

まだ登録されていません。

早めにサイドバーの登録をお願いします。